輝け!crybaby現場大賞!2019

【ポチっとな】SNSでシェアして、オタの輪を広げましょう!
0

2019年の現場参戦の中から、僕が思い出に残っている現場をランキング形式で、発表したいと思います。
選考基準は、僕の満足度を基準に、他の要素も加味して決定しております。
選考対象は、公演、握手会に限らず、僕が参加した48グループ関連全てにしております。

今年はあまり現場に出れていないなーと思っていましたが、振り返ってみると、例年並みに現場に出ておりました。新潟はもとより、東京、愛知、大阪、石川など、精力的に動いた1年でございました。
詳しくは、各現場レポート、もしくは、ページ下部の「総合講評」をご覧下さい。

さて、そんな中、今年もランキングの選考をしたわけですが、今年も悩みに悩んで決めました。
順位こそ付けておりますが、どの現場も楽しい時間を過ごすことができ、大切な思い出の1ページとなっております。

それでも、各現場、様々ですし、それぞれ感じるものも違うので、選考理由とともに、大賞の発表を、ぜひご覧下さいませ。

ランキングの詳細レポートは、赤字をクリックして下さい。

それでは、ランキングの発表に参りたいと思います。

第3位

AKB48 研究生単独コンサート〜ゆくぞ!伸びしろ☆パラダイス〜

2019年1月13日(日) 11:00~
TOKYO DOME CITY HALL

選考理由

  • AKB48の16期推し。当然のランクイン。
  • 推しの播磨ちゃんをステージ間近でじっくり堪能することができた。
  • TDCホールで、1年ぶりに16期を見ることができ、1年間の成長を確認できた親気分で感動。
  • ノンティー(野呂佳代)がまとめ役&盛り上げ役として、コンサートが何倍にも楽しいものになった。
  • 本店ドラ3の矢作萌夏など、初見メンバーも見れた。
  • 研究生らしさが詰まった素晴らしいコンサートだった。
  • 大きな減点理由はないが、上位の満足度には届かず。
  • 結果的に、播磨ちゃんが活動辞退となったため、精神的に減点。
  • 16期推しなので、16期全員見れていたら、加点となった。
  • 2019年の初現場だったが、1年を通じても大満足の現場になった。

第2位

AKB48 チーム8 Everybodyコンサート

2019年1月14日(月) 19時開演
TOKYO DOME CITY HALL

選考理由

  • チーム8のコンサートは圧巻。期待を裏切らない。
  • 第3位にランクインした「研究生コンサート」を含め、コンサートウィークの中のイベントだったため、東京滞在の締めくくりとして最高潮の中で終えることができた。
  • 11時開演、15時開演のコンサートと合わせて見たかったが、夜コンサートだけでも大満足の域。(本音を言えば、全部見たかったです。)
  • くれにゃん(長久玲奈)のラストコンサートで、結成初期から見ている僕は号泣もの。
  • 推しのはるぴょん(橋本陽菜)を見ることができなかったのが減点材料。
  • 第1位には敵わなかったが、堂々の第2位にランクイン。

第1位

大阪府公演はエイトの日!グランキューブ祭り!2019

TOYOTA presents AKB48チーム8 全国ツアー〜47の素敵な街へ〜〈大阪府公演はエイトの日!グランキューブ祭り!2019
2019年8月8日(木)

大阪国際会議場 グランキューブ大阪
◯朝公演 9:00開場/10:00開演
◯昼公演 13:30開場/14:30開演
◯夜公演 18:00開場/19:00開演

選考理由

  • チーム8の全国ツアーとエイトの日が同日開催。
  • エイターにとっては神イベント。
  • OGメンバーもほぼフル参加で、現役メンバーとオリメンが揃い、目の当たりにしただけで歓喜、感激、感動、至極の時間。
  • 現役36名+OG21名の共演は、48史上最高のコンサート。(エイターの僕目線)
  • コンサート自体も、さすが「8」。文句なしの内容。
  • オリメンの卒業が相次いだが、悲しみも吹き飛ばすくらいの圧倒的なパフォーマンスとクオリティー。
  • 10年桜の縁で、結成10周年で、またOG大集合をやってほしい。
  • エイターの血が僕には流れている。
  • 今回は、はるぴょん(橋本陽菜)を見れた。
  • 問答無用の圧倒的な第1位の現場。

総合講評

今年も様々な現場で、数々の感動を味わうことができました。
ランキングを作成するにあたり、ひとつひとつの現場を思い返してみましたが、それぞれの現場で、形には表せない、とても大切な感動を与えてもらえました。
ランキング外となった現場も、僕の中で思い出深く残っている現場ですので、思い出ぽろぽろのページから、各現場の詳細レポートを読んで頂けたら幸いです。
今年のランキングでは、NGT48の現場がランクインすることができませんでした。
意図的にそうしたわけではなく、公平な視点でランク付けしました。
順位操作で、ランクインさせようかな?とも思いましたが、素直な評価で選びました。
決して、劣っているわけではなく、今年に関しては、推しのいくみん(中野郁海)筆頭に、8のオリメンの卒業が重なったりした影響で、チーム8の現場評価が上がったという感じです。
来年はどのような順位になるかわかりませんが、今年以上に順位付けで頭を悩ますような素敵な現場に参戦したいです。

※独断と偏見でのランキングですので、クレームは受け付けません。